Snow Leopard(10.6)からMountain Lion(10.8)にアップグレードした時にコマッタことと解決策と瓢箪から駒
Lion(10.7)を飛び越してMountain Lion(10.8)になりました.ファイル構造が変わったり,多くのアプリが使えなくなって,色々と設定や代替策や新たなお作法が必要だったので,メモしてみます.





【1】メールボックスが消えた(ライブラリフォルダの開き方)

アップルのディスカッションボードに同様の質問があったので解決.

 http://goo.gl/rrvtS

おまけとして,自分のライブラリフォルダを表示させる方法を知らなかったので,分かって良かったです.

 http://goo.gl/XXCDa

今回はクリーンインストールだったので,フォントやデスクトップピクチャが引き継がれておらず,ライブラリの該当フォルダにアクセスして,Time Machineのバックアップから復元(コピー)しました.


【2】ルールの設定が消えた(iCloudのしくみ)

メールボックスよりも焦ったのがルールが消えたこと.ぼくは,基本的に,一方毎,あるいはML毎のメールボックスを作っているので,一方毎にルールを設定しています.つまり,メールのやりとりがある(あった)人と同じ数だけのルールを設定していました.とても膨大な数.
そのルールが消えてしまっていたので,やり方をさがしたらありました.

 http://goo.gl/onwsS

でも,この方法だと,メールアプリを終了させて再度開くとルールは消えてしまいます.テンポラリファイルを作っているわけでもなさそうなので,iCloudで同期させているんだろうと当たりを付けると,ココに該当ファイルがありました.

 ~/Library/Mobile Documents/com~apple~mail/Data/MailData/ubiquitous_SyncedRules.plist

先出のサイトを参考に,このファイルを書き換えることで解決しました.



【3】ランチャアプリが使えなくなった

iCal,Mail,Safariなど,一日に何度も使うアプリは,PFKeyAvailerXというフリーウェアを使って,F6からF13までのファンクションキーを割り当てて起動するようにしていました.これらの頻繁に使うアプリは「何も考えずに起動させたい」ので,ドックにも登録していませんでした.ところが PFKeyAvailerX はMt. Lionに対応していないので,頻繁に作業(思考)が中断していました.
で,App Storeで見付けたのが下記アプリです.

Launch it!

f0012893_20405754.jpg



PFKeyAvailerXよりも高性能です.


【4】Mailとメモが分割された(To doやアイデアの整理)

自分のタスク管理を,Mail上にメモを作り,フラグを付けるという方法でやっていたのですが,メモが独立してしまったので「意図しなくてもメモを見る」という状況が無くなってしまいました.今まで,あまりきちんとタスク管理をしておらず,これを機にremember the milkでも使ってみるかなぁ,とも思ったのですが,オンラインサービスというところに躊躇があったので,App Storeで推されているThingsを導入してみました.

Things for Mac
f0012893_2041039.jpg



これがとっても具合が良く,重宝してます.特に,他のアプリやファインダーを開いている時にも[Ctl.+スペース] のショートカットでタスクを作成でき,その時にはメールメッセージ(Mail)やファイル(Finder),URL(ブラウザ)などへのリンクが,自動的にメモに貼り付けられます.これでメールのフラグ,デスクトップ上のショートカット,ブラウザのリーディングリストなどとはサヨナラできそうです.リマインダーappからの自動インポートにも標準対応しているので,iPhoneではとりあえずリマインダーで入力して,後でMacで分類する,という方法もあります(iPhone版も買っちゃいましたが).

Thingsの使い方は,下記サイトにとっても詳しく書かれていました.
Things MacでToDo管理


長いメモでした...
[PR]
by tabi-no-sora | 2012-09-07 21:04 | 日々の旅
<< "黒曜石"... 今年の盆踊りは(も?)ちょっと違った >>