カテゴリ:日々の旅( 340 )
半径50メートルのうちなー
f0012893_2118582.jpg


八幡高原で「三線&エイサー in 山麓庵」というイベントがありました.今夜も気温は氷点下になるでしょうが,少しだけ,熱い風が吹き抜けました.

動画はこちらから
[PR]
by tabi-no-sora | 2010-11-06 20:00 | 日々の旅
ムラの視点と世界の視点
f0012893_0271466.jpg


北広島町のとりくみとして,今年は「生物多様性キャラバン」なるものを進めています.各地域や団体などを巡りながら,ワークショップを通じて,地域の自然について参加者が感じていることを聞いていくとりくみです.11月までに300人以上の人達が,自分自身が住んでいる地域の自然と向き合うことになります.キャラバンが最後までたどり着けば,2万人が住む町で,1.5%の人が「生物多様性」や「生態系サービス」を,等身大で実感することになる,町の戦略立案にとって重要な活動です.その中でも異色なキャラバンが,10月14日に開催されました.セッティングしてくれたのはmiurayaさん,広報してくれたのが楽々亭さん

当日の様子や感想はこの辺をご覧ください

楽々亭の歳時記ぶろぐ版
北広島町 農事組合法人 せんごくの里の (ほぼ) 個人ブログ
西中国山地自然史研究会 公式ブログ
晴耕雨読
四季乃家 彩蔵
yoshijiiと愛妻との生活&イベント

「異色」の一つ目は参加者が比較的若かったこと,二つ目は参加者の多くが町外からの移住者だということ.その意味でも,話しの場作りが大事だと思いながら望みましたが,結果的には非常に多くの意見が出され,有益かつ楽しいつどいになりました.タイミングを逃したかもしれませんが,参加いただいたみなさん,ありがとうございました&お楽しみ様でした.

その二日後,僕は名古屋に居ました.COP10の会議場前広場で,「生物多様性交流フェア」が開催されていました.広い公園に建てられた多くのテントで,行政・企業・市民団体などが,様々な取組を紹介してくれています.内容的に問題を感じるものもありましたが,それらも含め,短時間に多くの情報を得ることができました.そして,(規模は小さくても)出展の機会があれば,北広島からもブースを出したらいいなぁ,と思いました.まずは舞ロードフェスタ?

いろんな人がいろんな方向でがんばっていて,その一つ一つが大切なのだけど,集まって,調和すれば,何かを形作るんだなぁ,というのは後付けですが,行って本当に良かったです.ブロガーキャラバンの後だったから,というのもあるのかな.会場で聞いた親子の会話で「●曜日は○○があるから見に来よう」という言葉が印象的でした.名古屋近辺の方はうらやましいなぁ,と思いました.

ムラの視点はとても大切.世界の視点もとても大切.一緒に考えることはとても有益.井の中の蛙にならぬよう,離れすぎて見失わぬよう,自戒なのでした.

COP10会場での一コマ
[PR]
by tabi-no-sora | 2010-10-26 02:12 | 日々の旅
初盆
f0012893_22141069.jpg

昨年末に祖母を亡くし,今年は初盆でした.15日の夜,実家の庭で盆踊りがありました.来てくださった地域の人は150人くらい.照明・スイカ・団扇・飲み物などなど,準備はとてもタイヘンでしたが(僕はほとんど手伝えませんでしたが・・・),おかげさまで無事に踊っていただけました.踊りの輪に入ると,隣の人となんとなく会話ができる,久しぶりの人にも声をかけられる,良い風習です.この地域で生まれて,この地域で死んでいく人がいて,はじめて成り立つ文化なんだなぁ,と,大人になれば盆踊りの見方も変わっていることに気付きました.これからも,ずっと続いて欲しいです.
地域の人,親戚,そして,高原の自然館スタッフに感謝.

盆踊りの動画はコチラカラ
[PR]
by tabi-no-sora | 2010-08-19 22:53 | 日々の旅
生物多様性
f0012893_22105057.jpg


COP10 YEAR ということで,あちらこちらで「生物多様性」という言葉が使われています.昨年2月に記事を提供した時とは,ずいぶん状況が変わったことを実感します.twitterでも「生物多様性とは」みたいな話しが度々見られます.
次にやってくるのは「生態系サービス」でしょうか.多分,「エコ」とか「生物多様性」よりも実感しやすい言葉だと思います.社会と自然が近づいていくのはうれしいことです.願うのは,似非になりませんように.
[PR]
by tabi-no-sora | 2010-06-10 22:51 | 日々の旅
特別に普通
f0012893_020635.jpg

福祉施設に泊まる機会を得ました.ディサービスとか訪問介護とか,存在は知っていても縁の無かった場所です.夜中に「寒いだろうから」と毛布を持ってきてくださった職員さんが「私たちはしっかりとは眠れないから」と仰るので「たいへんですね」と,ありきたりな言葉を投げてしまいました.その女性職員さんの「だれでも通る道だからねぇ」という言葉が,耳に残りました.
久しぶりに深入山の野焼きを見ました.雲月山の山焼きができなかったのは残念ですが,こんな年もありますね.
[PR]
by tabi-no-sora | 2010-04-18 00:35 | 日々の旅
ただ待つというヨロコビ
f0012893_12173846.jpg

昨年から進めてきたプロジェクトのうち,僕が関わる部分を先週に終えて,あとは完成を待つだけとなりました.いろいろな人と一つのものを作り上げる時に,自分が「最後の仕上げ」をする役割ではない方が,完成が楽しみになります.自分の役目を果たしてから完成までの間は,本当にワクワクする楽しい時間です.何が楽しみかというと,自分が完成品を見ることと,それ以上に,完成品を見てもらうことです.もちろんそれは「良いものができる」という予感がある時に限ってのことで,一生懸命に関わらないと,このワクワクは得られないと思います.何のことやら,という話しですが,まぁ,出来上がりを見てやってください.
秋吉台も,無事に焼かれていました.芸北もがんばろう.
[PR]
by tabi-no-sora | 2010-02-27 12:46 | 日々の旅
流れの中に立ってみる
f0012893_21493792.jpg

このところ,色々な会合があって,色々な人と会い,色々なことを話します.話せば何かが変わって,物事がその方向に流れ始めます.それぞれの会合は独立のこともあり,お互いにリンクしていることもありますが,全てに共通するのは,自分に関係すること,という一点.いろんな会合の様々な流れが自分を飲み込み,進んで行く様を見ていると,深いところでグルグルと翻弄されるような感覚に落ちることがあります.と,そんな2月を過ごしています.
[PR]
by tabi-no-sora | 2010-02-20 21:50 | 日々の旅
麦を踏む
f0012893_17255694.jpg


秋に種まきをした麦が芽を揺らしています.ウチの麦たちはちょっと出遅れたのでチビッコなのですが,グイングインと踏んでいきます.昔は足で踏んだ芽を,今は手作り機械が手伝ってくれます.
それぞれの場所でそれぞれの時間でそれぞれの生活が流れている.とっても当たり前のことなのだけど,自分が居る場所で流れている時間や生活は,本当にまっとうなのだろうか,と不安になったりした,寒がもどった冬の日.
[PR]
by tabi-no-sora | 2010-01-28 17:43 | 日々の旅
2010
f0012893_1431027.jpg


今さらですが,今年もよろしくお願いします.夏は暑く,冬は寒く,予感の春と錦の秋.そんな「当たり前のことが当たり前にやってくる一年」がいいですね.でも,当たり前ってけっこうすごいんだ,と感じる今日このごろです.
今年もうろちょろしながら,思い出したように投稿してみます.

2009年も色々な所に行ったのですが,
[PR]
by tabi-no-sora | 2010-01-10 14:12 | 日々の旅
帰らなきゃ!
f0012893_212548.jpg

帰れるかなぁ…?
[PR]
by tabi-no-sora | 2009-11-03 02:12 | 日々の旅