<   2010年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧
ムラの視点と世界の視点
f0012893_0271466.jpg


北広島町のとりくみとして,今年は「生物多様性キャラバン」なるものを進めています.各地域や団体などを巡りながら,ワークショップを通じて,地域の自然について参加者が感じていることを聞いていくとりくみです.11月までに300人以上の人達が,自分自身が住んでいる地域の自然と向き合うことになります.キャラバンが最後までたどり着けば,2万人が住む町で,1.5%の人が「生物多様性」や「生態系サービス」を,等身大で実感することになる,町の戦略立案にとって重要な活動です.その中でも異色なキャラバンが,10月14日に開催されました.セッティングしてくれたのはmiurayaさん,広報してくれたのが楽々亭さん

当日の様子や感想はこの辺をご覧ください

楽々亭の歳時記ぶろぐ版
北広島町 農事組合法人 せんごくの里の (ほぼ) 個人ブログ
西中国山地自然史研究会 公式ブログ
晴耕雨読
四季乃家 彩蔵
yoshijiiと愛妻との生活&イベント

「異色」の一つ目は参加者が比較的若かったこと,二つ目は参加者の多くが町外からの移住者だということ.その意味でも,話しの場作りが大事だと思いながら望みましたが,結果的には非常に多くの意見が出され,有益かつ楽しいつどいになりました.タイミングを逃したかもしれませんが,参加いただいたみなさん,ありがとうございました&お楽しみ様でした.

その二日後,僕は名古屋に居ました.COP10の会議場前広場で,「生物多様性交流フェア」が開催されていました.広い公園に建てられた多くのテントで,行政・企業・市民団体などが,様々な取組を紹介してくれています.内容的に問題を感じるものもありましたが,それらも含め,短時間に多くの情報を得ることができました.そして,(規模は小さくても)出展の機会があれば,北広島からもブースを出したらいいなぁ,と思いました.まずは舞ロードフェスタ?

いろんな人がいろんな方向でがんばっていて,その一つ一つが大切なのだけど,集まって,調和すれば,何かを形作るんだなぁ,というのは後付けですが,行って本当に良かったです.ブロガーキャラバンの後だったから,というのもあるのかな.会場で聞いた親子の会話で「●曜日は○○があるから見に来よう」という言葉が印象的でした.名古屋近辺の方はうらやましいなぁ,と思いました.

ムラの視点はとても大切.世界の視点もとても大切.一緒に考えることはとても有益.井の中の蛙にならぬよう,離れすぎて見失わぬよう,自戒なのでした.

COP10会場での一コマ
[PR]
by tabi-no-sora | 2010-10-26 02:12 | 日々の旅